レフティ(左利き)用モデル

世の中には左利きの人がたくさんいます。
当然、エレキベースにもレフティ(左利き)用モデルがあります。

 

ただし、右利きの人が必ずしも右利き用のベースを弾く必要が無いように
左利きだからと言って、無理をしてレフティモデルを選ぶ必要はありません。

 

全くの初心者であれば、右・左どちらから初めても大きな差はありません。

 

利き手でフィンガリングすると、テクニカルなプレイが得意になる?
利き手をピッキングに使わないと、リズムが狂い易い?

 

といった両方の意見があります。
結論から言うと、はっきり言って慣れてしまえばどちらでも同じです。

 

どれだけエレキベースが上手くなるかは、練習量によって決まります。
「こちらの手でやるんだ」とスタートの時点で決めてしまえば
あとは練習あるのみです。

 

ですから、せっかく左利きに生まれたのだから、レフティを弾きたい。
何となく、レフティの方がめずらしくて格好良い。とか
そういう気持ちで選んでしまっても全く問題はないと思います。

 

もちろんレフティを選んだときのデメリットもあります。

 

ほぼ全ての教則本やビデオは、右利きを前提に作られています。
弦の並びや、フレットの説明が、全て反対になっています。

 

本を読んでから弾くまでに、一度頭の中で反転させる手間がかかります。
これは初心者にとっては大きなデメリットです。

 

さらに、レフティモデルは絶対数が少ないです。
ですから、値段も少しだけオーソドックスなものより高くなっています。

 

(ただし、最近はレフティモデルの需要も増えてきているようで、
初心者用モデルでは最初から同じ値段で作られているものもあります。
もしかしたら、値段のデメリットは将来的には解消されるかもしれません。)

 

また、モデルやメーカーによってはレフティを作ってないものもあります。
特別にオーダーすれば、作ってもらうこともでますが、
ある程度の金額がかかるでしょう。

 

だからと言って、右利き用のベースを反対に持ち替えて
無理やり左利き用として使用するのはおすすめしません。

 

pic6.gif
もともと右利き用に作られたものですから、弾き難いのは言うまでもなく
コントロール類が上側に付いているので、演奏中に触れてしまわないよう
余計な気を回す必要があります。

 

また、ベースの弦は1弦と4弦の太さに大きな違いがあります。
ブリッジやネックなどは、もともとの弦の太さに合わせて調整されています。
そのまま使い続けていると不具合が出てしまうので、専門的な調整が必要です。

 

図にあるようなヘッド形状の場合には、出音も変化します。
長くなる弦と短くなる弦が反対になるので、低音弦に張りが出て、
高音弦がルーズな鳴りになります。

 

意図的にそういった音を狙う場合もありますが、
リバースヘッドのモデルを選んだ方が効率が良いでしょう。

 

それでも、見た目に拘りを持ってその形にするのであれば
ほんの少し効率が悪くなりますが、それでも良いでしょう。
エレキベースをどう弾くかは自由なのです。

 

自分は右利きなので、左利きの意見を代弁することはできませんが
やはり、左利きの人はレフティを使うのが自然な形だと思います。

 

上に上げたようなデメリットが許容できない場合は
オーソドックスなモデルを選べば良いのだと思います。

 

繰り返しますが、どちらで始めても必要な練習量に変わりはないのですから。


 

 

スポンサードリンク