ケース

エレキベースのメンテナンスとは少し離れますが
運搬や保管するときに重要となる、ケースについてお話しましょう。

 

スタジオやライブなど、エレキベースを家から持ち出すときは
当然ながらむき出しで持っていくわけはありませんね。

 

また、長期間弾かないでいるときは、湿気などから楽器を守るため
ケースに入れて保管しておくようにと、教本などにも書かれていますね。

 

「ケースなんて何でもいいよ」と思う人もいるかもしれません。
また、ベース本体を買ったときにおまけでついてきたケースを
そのまま使用している人も多いでしょう。

 

しかし、ケースを変えるだけで、驚くほど運搬が楽になることもあります。
保管中や移動中のアクシデントを防いでくれることもあるでしょう。

 

実際に買う・買わないは別としても、エレキベースのケースに
どんなものがあるのか、くらいは知っておいて損はないと思います。

 

エレキベースのケースには、大きく分けて3種類あります。
ひとつずつ説明していきましょう。

 

まず、アマチュアベーシストに最も多く普及している、ソフトケース
値段が安く、軽くて持ちやすいのが特徴です。
素材は、ナイロンや革、布など、たくさんの種類があります。

 

初心者用ベースに付属しているのは、だいたいこのソフトケースですね。
ただ、初心者用の楽器に付属するケースは、機能的に今ひとつなものが多いです。

 

運搬中、ちょっとどこかにぶつけただけでも破損や塗装はがれなど
アクシデントに見舞われてしまう可能性が高いです。

 

肩掛けのストラップや、持ち手などの接合が弱い場合もあるので
運搬中に切れてベースを落っことすなんてことも・・・・・。
できれば、もう少し品質の良いケースに買い換えたいところです。

 

同じソフトケースでも、様々な種類があります。

 

楽器を防護するパッドの分厚いもの。
ポケットが大きくてたくさんあるもの。
ストラップが頑丈で、リュックのように背負えるもの。
など、5千円くらいでも十分に質の良いものがみつかるでしょう。

 

2つめの種類が、ハードケースです。
とにかく頑丈です。その反面、重量があります。
電車や自転車での移動には難儀するでしょう。

 

ケースが頑丈なだけあって、ベースの保護力は最も高いです。
プロのベーシストや、アマチュア上級者は
ほとんどがこのハードケースを使用しています。

 

ハードケースの仲間には、さらに頑丈なフライトケースがあります。
これは、飛行機などの貨物室に置かれることを前提に作られています。
多少手荒く扱っても楽器が壊れることはありません。

 

フライトケースはかなり重くて、値段も高いので、
一般の人が手にする必要はあまりないでしょう。

 

もうひとつは、セミハードケースです。
名前のとおり、ソフトとハード双方の良いところをあわせ持っています。

 

防護部分は、発泡スチロールやウレタンなどでできています。
そこそこ頑丈で、ハードケースよりもかなり軽く作られています。

 

一昔前は、セミハードケースというと、今ひとつちゃっちいイメージでした。
しかし最近は技術の進歩により、軽くて丈夫な素材が開発されています。
品質的にもかなり良いものが増えてきました。

 

個人的には、一番おすすめのケースです。
自分も今はセミハードケースを使用しています。

 

セミ/ハードともに、ベースの形をしたものと、四角い形のものがあります。
どちらも、使用するベースの形によってはうまく収まらない場合があります。
購入するときは、自分のベースが入るかどうか、絶対に試してみましょう。

 

特殊な形のベースで無い限り、汎用のケースはたいてい対応しています。
今、少し高いケースを買ったとしても、丁寧に扱ってあげれば
将来的に2台目、3台目のベースに使用することも可能です。

 

それを考えると、予算に余裕がある場合は
多少高くても良いケースを買っておきたいですね。


 

 

スポンサードリンク