ピックアップを変える

自分の使っているエレキベースの音を大きく変えたいときは
ピックアップを交換するのが効果的です。

 

ピックアップは、新品で買うと1万円以上の価格になりますが、
気に入ったピックアップが見つかれば、次に買うベースに取り付けることもできます。
長く使うことができるので、実はコスト的には優れた改造だと言えます。

 

ピックアップを選ぶときに注意しなければいけない点がいくつかあります。
ピックアップには"アクティブ"タイプと"パッシブ"タイプの2種類があります。

 

パッシブ・タイプのピックアップは、標準的なピックアップです。
ギターの場合は、圧倒的にこちらのタイプの方が多いですが、
エレキベースでは、アクティブタイプのピックアップを使う人も多いです。

 

アクティブ・タイプはプリアンプ回路を内蔵していて、幅広い音作りができます。
また、ノイズに強いのも特徴です。
ジャズベース・モデルなどに使用されていることが多いです。

 

プリアンプを使用するので、電池が必要になります。
もともとアクティブのピックアップを搭載していないベースは、
ボディに電池を収納するための加工と、プリアンプ回路が必要になります。

 

今使っているベースが、パッシブ・タイプの場合は
アクティブのピックアップを載せるのは避けた方が無難です。

 

ピックアップを選ぶときに、もうひとつ注意しなければいけないのは
交換するピックアップの形です。

 

エレキ・ベースのピックアップは、様々な形があります。
形が違うものを付ける場合は、ボディの加工が必要になります。

 

実際に自分のベースにのせることができるかどうか
購入前にお店の人に相談しましょう。

 

また、音の良し悪しは、個人の好みによって変わってきます。
闇雲にピックアップを交換しても、必ずしも良い音になるとは限りません。

 

自分の出したい音がどんなものなのか。
どういった曲を演奏したいのか。
など、出したい音を具体的に想像できるようにしておきましょう。

 

「もう少し低音を出したい」とか
「エッジのきいたソリッドな音を出したい」とか
「スラップでパーカッシブな演奏がしたい」とか

 

そういった目標が明確になっていれば、カタログやメーカーのホームページで
ピックアップの説明を読んで、自分に必要なピックアップを選ぶことができます。
値段が高い物を選べば良いというわけでもありません。

 

以上のことに注意すれば、誰でもピックアップを交換することができます。

 

自分で交換するのが不安な場合は、
購入時にお店やリペアショップで取り付けてもらうこともできます。

 

数千円程度の工賃が必要になりますが、ハンダ類や工具の購入代金や
失敗のリスクを考えれば、それほど高いものではありません。

 

購入と一緒に申し込めば、割安で取り付けてくれるお店もあります。
いろいろとお店の人と相談してみましょう。


 

 

スポンサードリンク

ピックアップを変える関連ページ

改造する
配線について