弾き方の基本

それでは、いよいよ実際にエレキベースを手にとってみましょう。
まずは、エレキベースの一番の基本であるピッキングのについて説明します。

 

エレキベースのピッキングは、大きく分けて「ピック弾き」「指弾き」「スラッピング」
の3種類の弾き方があります。
今回は、基本的なピックと指を使った弾き方について説明します。

 

まず、ピックの持ち方です。

 

pic10.jpg
写真にあるように、人差し指を自然な形で軽く曲げます。
表から、その人差し指と十字になるように親指を添えます。
ベースの場合、ピックの先端は5mm〜8mm程度出るようにします。

 

次は、指で弾く場合です。

 

pic11.jpg
写真は、指弾きの基本である「ツーフィンガー」でのピッキングです。
親指をピックアップの端やフィンガーレストに乗せて固定します。
弦に触れてミュートを行いながら固定すると、一石二鳥です。

 

人挿し指と中指を使って、指の腹で弦を弾きます。
手のひらから力を抜いて、軽く丸めて空間ができるようにします。

 

ピック弾きは、輪郭がはっきりした固めの音がでます。
16分音符など、スピードのあるフレーズにも向いています。

 

指弾きは、柔らかくて丸みのある、ベースらしい音が出ます。
どちらが優れているというわけではなく、それぞれに良さがあります。

 

最初はどちらか一方の弾き方に特化して練習しても良いでしょう。
最終的には、どちらでも同じように演奏できるようになるのが理想です。


 

 

スポンサードリンク