楽譜を読んでみよう

皆さんが手にするバンドの楽譜には、5線譜の下にタブ譜というものがあります。
簡単な記号で書くことで、ドレミの音符が読めなくても
すぐに演奏ができるようになっています。

 

とは言っても、楽譜を読むための基本的な約束事は覚えておく必要があります。
今回は、楽譜を読むために最低限知っておくべき事柄を説明します。

 

pic12.gif
最初は、楽譜でも一番先頭に書かれている音部記号(クレフ)です。
ト音記号とヘ音記号の2つがあります。
ベースのパートには、普通右側のヘ音記号が使われます。

 

クレフの横にあるのが、♭(フラット)や♯(シャープ)などの調合です。
♭がついている線上の音は全て半音下げて演奏します。
♯は逆に半音上げます。

 

♭や♯の調合が2個や3個以上ある場合もあります。

 

楽譜の途中にある場合は、臨時記号と言います。
その場合は、その小節内でのみ有効となります。

 

タブ譜をメインで見る場合は、必要の無い記号ですが
この機会に憶えておきましょう。

 

クレフの横には、もうひとつ記号がります。
これは、拍子(ビート)を表しています。
読んでそのまま、4分の4や、8分の3などの拍子が分数で表示されます。
4分の4拍子の時は、省略記号として"C"の文字で表されてことが多いです。

 

pic13.gif
楽譜を読む上で重要なのが、音符と休符の長さです。
上の図が、それぞれの長さの説明です。

 

おたまじゃくしに棒のついていない『全音符』はひと小節分伸ばします。
4分の4拍子なら、4拍分です。

 

4分音符が一拍分となります。
この音符を基準に長さを考えると分かり易いでしょう。

 

pic14.gif
バンドの楽譜はリピート記号などが多く記載されています。
繰り返し記号をきちんと理解しておかないと、複雑な構成に戸惑ってしまいます。
図になっている記号をしっかりと理解しましょう。

 

一番下の繰り返し例は、
A−B−C−D−A−B−E−F−B−G の順で演奏します。

 

ひとまずこれらの約束事が理解できれば、バンドの楽譜を読むことは可能です。
楽譜には、この他にも細かい記号はたくさんあります。
それらについては、折に触れて説明していきましょう。


 

 

スポンサードリンク