練習法

楽譜の読み方とピッキングのやり方が分かったら、早速練習を始めましょう。
まずは、開放弦を使ってピッキングする練習法です。
;
pic16.gif

 

 

エレキベースの練習時には、できるだけメトロノームを使いましょう。
ベース奏者に最も求められるのは、リズムの正確性です。
普段からメトロノームを使い、リズム感も同時に鍛えるのが効率の良い練習法です。

 

始めは、ゆっくりめのテンポで始めます。
慣れてきたら少しずつテンポを速くしてみましょう。

 

もっと慣れてきたら、すごくゆっくりのテンポを弾いてみましょう。
実は、正確なリズムをキープするという点では、ゆっくりと弾く方が難しいのです。

 

ある程度リズムに乗ってピッキングできるようになったら、
今度は上の楽譜のように、少しリズムに変化をつけてみましょう。
これもいろいろとテンポを変えて楽しんでみましょう。

 

開放弦が弾けるようになったら、今度はメロディーを弾いてみましょう。

 

pic17.jpg

 

左手の押さえ方は写真のとおりです。

 

手首を前の方に出して、やわらかく指を立てるように押さえます。

 

指をピーンと伸ばしてしまうと、スムーズに動かすことができなくなります。
変な癖がついてしまわないように、最初は意識して自然にやわらかく
フレットを押さえるようにしましょう。

 

また写真では、人差し指は少し寝かせ気味になっているのが分かると思います。
人差し指の、フレットを押さえない部分で隣の弦に触れることによって
弦ミュートを行っています。

 

最初のうちは、指がつりそうになるほど辛いと思います。
まずは、無理せずに、徐々にしっかりとミュートできるようになりましょう。

 

これを踏まえて、次回はメロディー弾きに挑戦です!!


 

 

スポンサードリンク