スラップベース

エレキベースを始める人の多くが憧れるのが、スラップベースですね。
おそらくこの文章を読んでいる人も、
いつかはスラップベースに挑戦したいと思っているでしょう。

 

実際にスラップが弾けるようになるには、まだまだ長い時間が必要になるでしょう。
それでも、弾き方くらいは分かっていても損はありません。

 

ひと昔前までは"チョッパー奏法"とも呼ばれていたスラップベースには
"サムピング"と"プル"の2つの動きがあります。

 

サムピングの構え方の基本はまず、
右手で「バキューン」とピストルを打つような真似をします。

 

pic22.jpg

 

人差し指は、実際に弾くときは引っ込めますが、
その人差し指を軸にして、やわらかく手首を回転させます。
その上で、親指の一番硬い部分を弦に叩きつけます。

 

pic23.jpg

 

叩く位置は、指板の12フレット以降と言われていますが、
叩く位置によって、出てくる音も違ってきます。
いろいろと試して、自分が一番弾き易くて好きな音が出るポイントを見つけましょう。

 

スラッピング時は、右手でミュートをすることが難しくなります。
左手でしっかりと弦ミュートができるようにしなければいけません。
まずは開放弦を使って、的確にヒットできるように練習しましょう。

 

次は、スラッピングのもうひとつの動き"プル"です。
サムピング時に軽く握った状態の人差し指をつかって
弦を引っ張り上げる奏法です。

 

pic24.jpg

 

サムピングを戻すときの回転力を使って、弦を引っ張ります。

 

あまり深く指をもぐらせると、引っかかってしまいます
自然に軽い動きでできるようになりましょう。

 

サムピングは3、4弦。プルは1、2弦を行うのが一般的です。
2つの動きを組み合わせて、オクターブなどを演奏するのが
スラッピング・フレーズの常套手段だと覚えて起きましょう。

 

まずは、開放弦を使った練習から始めましょう。

 

下に演奏例として動画を用意しました。
こちらを参考にしてスラッピングの練習をしてみてください。

 

 

最初は、サムピングの開放弦だけ、プルの開放弦だけと
分けて練習した方がやり易いでしょう。
慣れてきたら、その両方を組み合わせたフレーズも弾いてみましょう。

 

ある程度弾けるようになったら、メトロノームを一緒に使って
スラッピングでもしっかりとリズムキープができるようにしましょう。


 

 

スポンサードリンク