音作りのポイント

エレキベースは、それ単体で完結する楽器ではありません。
バンドで演奏するためには、アンプに通して大きな音を出す必要があります。

 

ここでは、実際にアンプを使って音を出すために、
簡単なアンプの説明をしましょう。
あわせて、アンプで音作りをするために必要な知識も説明します。

 

スムーズに音作りをするためには、ベースの音域などを知っておく必要もあります。
アンプを買うときに目安となるような情報も説明しています。
みなさんも是非、思いっきりアンプで音を出す楽しみを味わってください。

 

音作りのポイント記事一覧

エレキベース中級者でも、自分の弾いている楽器がどれくらいの音域なのかよく分かっていない人も多いです。別に音域を知らなくても、ベースを弾くことはできます。知っていれば演奏が上手くなると言うわけでもありません。それでも、知っておけば有利になる場合もあります。それほど難しいことでもないので、頭の隅にでも憶えておきましょう。たとえば、アンプで音作りをするときなど、自分の強調したい音域がどれくらいにあるのか...

エレキベースを弾くのであれば、アンプは是非とも持っておきたいですね。「家で練習するだけなのに、アンプなんて必要あるの?」と思うかもしれません。エレキ・ベースは、アンプに通さないとその本当の実力を発揮できません。またアンプで音を出さないと、ノイズや微妙なニュアンスに気づき難いです。普段の練習から、できる限りアンプを通して練習したいものです。家の練習で使うのに、それほど大きいアンプは必要ありません。1...

アンプについての基本的なことは理解できたと思います。今回は、実際にアンプで音を作ってみましょう。下の図は、一般的なアンプに多いノブの配置です。モデルによって多少の違いはありますが、概ねこのようなかたちです。VOLUMEツマミは、見たそのままですね。アンプから出力される音量を決定します。GAIN(DRIVE)ツマミは、主にアンプのドライブ量を調整します。音量をそれほど上げずに、音圧と迫力をアップでき...