アンプを買う

エレキベースを弾くのであれば、アンプは是非とも持っておきたいですね。
「家で練習するだけなのに、アンプなんて必要あるの?」と思うかもしれません。

 

エレキ・ベースは、アンプに通さないとその本当の実力を発揮できません。
またアンプで音を出さないと、ノイズや微妙なニュアンスに気づき難いです。
普段の練習から、できる限りアンプを通して練習したいものです。

 

家の練習で使うのに、それほど大きいアンプは必要ありません。
1〜2万円程度の小型アンプでも十分でしょう。

 

お金に余裕があれば、もっと大きなアンプを持っていても良いでしょう。
大きなアンプがドーンと合った方が、練習するときのテンションも上がります。

 

ただ、できるならば、大きくてもヘッドフォン端子付きのものが理想です
自宅で大きなアンプの性能をフルに発揮することは難しいですから。

 

エレキベースのアンプには、大きく分けて2種類の形があります。
ひとつは、ヘッドとキャビネット(スピーカー)それぞれが別になっている
スタック・タイプ(セパレートタイプとも言います)のアンプです。

 

エレキベースのヘッドは、小型のものが多くあります。
スタジオやライブに、自分のヘッドだけ持って行けば、
いつでも自分のサウンドを出すことができます。

 

自作ではヘッドフォンで練習して、スタジオでは大音量でという使い方もできます。
多少値段は高くなりますが、おすすめです。

 

もうひとつは、全てがひとつにまとめられた、
コンボ・タイプ(ビルトイン)のアンプです。

 

比較的値段が安いのが魅力です。
大きなものはそれなりの値段になりますが、
家庭練習用の小型アンプは、たいていがこの形です。

 

安くて小さいからと言って、音が悪いということもありません。
小さくても、驚くほど良い音を出してくれるアンプもあります。

 

どの種類のアンプを買うかは、それぞれの趣向や金銭事情などにもよりますが
購入するときは、お店で一度音を出して、好みの音を確認してみましょう。


 

 

スポンサードリンク

アンプを買う関連ページ

音域を知る
アンプで音を作る