メンテナンスの方法

エレキベースは、買ったらそれで終わりではありません。
より良い音を出すためには、日々のメンテナンスが不可欠となります。

 

この項では、メンテナンスに必要となる工具や、
日々のメンテナンスにおいて、最も重要となるチューニングについて説明します。

 

そして、メンテナンスにおいて
初心者が最初にぶつかる難関の弦交換についても説明します。
これもチューニング同様に、慣れてしまえば簡単に行うことができます。

 

他にも弦高調整や、ケース・ストラップなどについても説明していきます。
正しい知識を身につけて、メンテナンスを面倒がるのではなく、
楽しく行えるようになりましょう。

 

メンテナンスの方法記事一覧

今回からは、エレキベースのメンテナンスについてお話していきましょう。まず最初に、日々のメンテナンスに必要になる工具のうち最低限持ってくべきものについて説明します。工具の種類下の写真は、メンテナンスに必要となる工具をまとめた物です。とりあえず最初はこれだけあれば良いでしょう。初心者セットを購入した人は、ほぼ全て揃っていると思います。ポリッシュとクロスこれは、エレキベースを磨くために必要です。注意しな...

日々のメンテナンスにおいて、最も重要となるのがチューニングです。どんなに上手く弾ける人でも、チューニングが狂っていたら下手にしか聞こえません。チューニングのやり方にもいろいろな種類があります。今回は、最も簡単で確実にチューニングすることができるチューナーを使ったチューニングのやり方を説明します。写真は、一般的なチューナーです。使い方は簡単ですので、今回の説明だけでもチューニングは可能です。それでも...

メンテナンスにおいて、弦交換は初心者が最初にぶつかる難関です。しかしこれもチューニング同様に、慣れてしまえば簡単に行うことができます。面倒がらずに、何度か弦交換を行えば、すぐに憶えてしまいます。最初はゆっくりでも良いので、確実に丁寧に作業を行いましょう。弦の選び方弦を買うときに、注意しなければいけない点があります。弦の太さひとつめは、弦の太さ(ゲージ)です。弦の太さには、ライトミディアムヘヴィなど...

エレキ・ベースを弾く人でも、初心者のうちは弦高はあまり気にしない人が多いです。しかし、たかが弦高とあなどるなかれ。ほんの少し弦高を下げるだけでも、驚くほど弾きやすくなるものです。弦高の計り方エレキベースの弦高は、写真のように、12フレット付近で計ります。できれば、0.5mm以下の単位で計れる定規がおすすめです。弦高を計る前に、ネックが反っていないか確かめることも重要です。ネックが大幅に反っている場...

エレキベースのメンテナンスとは少し離れますが運搬や保管するときに重要となる、ケースについてお話しましょう。スタジオやライブなど、エレキベースを家から持ち出すときは当然ながらむき出しで持っていくわけはありませんね。また、長期間弾かないでいるときは、湿気などから楽器を守るためケースに入れて保管しておくようにと、教本などにも書かれていますね。「ケースなんて何でもいいよ」と思う人もいるかもしれません。また...

ケースと同様に「ストラップなんて何でもいいよ」と思っている人もいるでしょう。しかし実は、ストラップを変えるだけで、演奏性は大きく変わります。ストラップの種類ストラップの種類は、3つあります。ナイロン・布タイプ最もオーソドックスなものは、ナイロンや布でできたタイプのストラップです。なんと言っても価格が安いのが魅力です。また軽量で、デザインも豊富です。初心者セットに付いてくるストラップも、このタイプで...